日本ハム 中田、左内転筋回復 6日実戦復帰「アピールしていく」

[ 2019年3月6日 05:50 ]

右手だけでトス打撃を行う日本ハム・中田(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 左内転筋肉離れで別メニュー調整を行ってきた日本ハム・中田が、6日のイースタン教育リーグ・ロッテ戦で実戦復帰する。

 今季初実戦となった2月11日の韓国・NC戦で左前打を放った際に負傷。鎌ケ谷で打撃練習を行った主砲は「ただでさえ出遅れているのでアピールしていかないと」。自身も1年目の08年に経験した有鉤骨骨折で清宮が離脱し「清宮の代えはいない。チームとしては凄く大きいケガ。でも、そこをカバーできるように」と話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月6日のニュース