体罰の開星監督 4カ月の謹慎 岩倉、門真西は3カ月対外試合禁止

[ 2019年3月6日 05:30 ]

 日本学生野球協会は5日の審査室会議で高校11件と大学2件の処分を決め、高校では部員の部内暴力があった岩倉(東京)が1月30日から4月29日、部員の賭け行為などがあった門真西(大阪)が2月13日から5月12日まで、ともに3カ月の対外試合禁止となった。部員に暴力を振るった日本ウェルネス沖縄の監督は、過去に別の高校でも同様の行為があり無期謹慎。開星(島根)の監督は、部員の頬を叩く体罰があり、4カ月の謹慎処分を受けた。

 大学では東海大九州が未成年部員の飲酒などで2月13日から1カ月の対外試合禁止となった。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2019年3月6日のニュース