ソフトBグラシアル、OP戦チーム初盗塁「決められて良かった」

[ 2019年3月6日 05:30 ]

オープン戦   ソフトバンク3―11西武 ( 2019年3月5日    ヤフオクD )

<ソ・西>初回1死、右前打を放ったグラシアル(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクのグラシアルがチームのオープン戦初盗塁をマークした。柳田の2ラン直後の初回1死、右前打で出塁。2死から打者・内川への6球目で二盗を決めた。「初球からタイミングを計っていた。決められて良かった」。この日は「4番・三塁」でスタメン出場。「与えられたところでプレーするだけ」と話した。

 ▼ソフトバンク・福田(8回1死一、二塁で中前適時打、二盗も決めて)打ったのはツーシーム。1本打てて良かった。スチールも決まったし、アピールになった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月6日のニュース