中日・福田 “元同僚”阪神ガルシアを警戒「やっかいな投手」

[ 2018年12月18日 05:30 ]

中日の福田
Photo By スポニチ

 中日の福田永将内野手(30)は17日、今季ともにプレーし、来季からは敵として対戦する阪神のガルシアに警戒感を強めた。

 「(守っていて)打ちづらそうな投手というイメージだったので、やっかい。球が動いて、ゴロを打たせるタイプ。打たされないようにしたい」

 チームトップの13勝を挙げた左腕がいなくなるのはチームにとっても痛い。加えて、同一リーグへの移籍で来季は対戦することになるだけに、自身の成績にも影響を及ぼしかねない。対峙(たいじ)を見据え、攻略ポイントとしてガルシアの悪癖である立ち上がりの制球難を指摘。「最初は制球が良くないので助けないようにしたい」と不敵に笑った。

 この日は名古屋市にある名古屋記念病院を慰問。「70歳くらいの男性には“走者がいる時に打て!”と激励もされました」。今季は自己最多133試合に出場し打率・261、13本塁打、63打点。ただ、決定機で精彩を欠く場面が目立った。「熱いファンのために頑張りたい」と“昨日の友”撃ちを含め、力を込めた。(湯澤 涼)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月18日のニュース