楽天・嶋 小児科病棟など慰問「もっと野球を好きになって球場に来て欲しい」

[ 2018年12月18日 16:29 ]

子供たちとの触れ合いを楽しむ楽天・嶋
Photo By スポニチ

 楽天の嶋基宏捕手(34)が18日、仙台市内の児童発達支援センターと東北大学病院小児科病棟を慰問し、子供たちとの触れ合いを楽しんだ。

 17年シーズンから楽天生命パークの観戦ルームを購入し、子供たちを招待する「嶋ルーム」を実施している。慰問では子供たちとの綱引きや記念撮影で笑顔を絶やさなかった嶋は「もっと野球を好きになって球場に来て欲しい。たくさんの人に応援して貰って、それが活力になればいい」と、今後も支援の継続を約束した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月18日のニュース