広島・西川 1100万円アップ 規定打席目指す!

[ 2018年12月18日 05:30 ]

1100万円アップに両手に「1」をつくってポーズを決める西川
Photo By スポニチ

 1100万円増の推定年俸3100万円で契約更改した広島・西川は「何でも屋」となって、来季4年目に自身初の規定打席到達を目指す。

 丸の巨人移籍で外野の定位置が1枠空き秋季キャンプから外野にも本格挑戦中。「あれだけレギュラーを張っていた人が抜けたので、そこの競争に入りたい。(守備位置に)こだわりはない。出られるところがあれば、一塁でも三塁でも外野でもいい」と、貪欲に出場機会を求めていく。

 今季は自己最多107試合に出場した一方で、リーグワーストの17失策も記録。定位置奪取とはいかず「悔しさしかなかった。守備が良ければもっと出られた。来年、規定打席に立って数字を残すためにも、まずは試合に出ないといけない。できる自信はある」。自慢の打撃を披露できる場所を必死につかみにいく。(河合 洋介)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月18日のニュース