ヤクルト村上 手土産は4発15打点 台湾ウインターLから帰国

[ 2018年12月18日 05:30 ]

台湾から帰国したヤクルトの村上
Photo By スポニチ

 台湾ウインターリーグに参加していたヤクルト・村上が羽田空港に帰国した。昨秋のドラフト1位スラッガーは同リーグトップの4本塁打、15打点と結果を出したが、「ホームランはまだまだ打てたと思う。でも12月まで試合をやらせていただいてプラスになった」と笑顔。

 つかの間のオフを過ごし、年明けは先輩の青木らと米ロサンゼルスで自主トレを行う。「いい経験をさせてもらって、来年チームに貢献できるようにしたい」と来季を見据えた。また、ロッテ・安田、巨人・大江らも帰国した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月18日のニュース