ヤクルト移籍の太田 日本ハム時代同様「ケリー」と呼んで 青木&坂口らに「いろいろ聞いてみたい」

[ 2018年12月18日 16:01 ]

ヤクルトを手にユニホーム姿で意欲を見せる太田健吾(左)と高梨裕稔(撮影・三島 英忠)
Photo By スポニチ

 日本ハムからトレード移籍が決まったヤクルト・太田賢吾内野手(21)が18日、都内の球団事務所で入団会見に臨んだ。

 背番号は「46」に決まり「少しでもチームの戦力になれるように。一年間戦えることを目標に頑張っていきたい」と話した。

 14年ドラフト8位で入団し、プロ4年目の今季は54試合の出場で打率・191。「青木さんや坂口さんといったいい左打者がいらっしゃるので、バッティングについていろいろ聞いてみたい」と目を輝かせた。

 日本ハム時代は「ケリー」の愛称で親しまれた太田。「スワローズでもそう呼んでいただけたら。100試合以上出られるように頑張りたい」と力強く宣言した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月18日のニュース