鍵谷&玉井ら日本ハム&巨人&中日6選手 被災者と交流 北海道胆振東部地震

[ 2018年12月18日 05:30 ]

(左から)巨人・石川、中日・谷元、日本ハム・玉井、鍵谷、中日・大野奨、巨人・吉川光は訪問した中学校の生徒たちと記念写真(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 北海道出身で日本ハムの鍵谷、玉井、さらに元同僚の巨人・吉川光、石川、中日の谷元、大野奨の3球団6選手が9月に発生した北海道胆振東部地震で被害の大きかった安平町や厚真町などを訪問。仮設住宅や小学校で、被災者と交流した。

 鍵谷は「球団の垣根を越えて来てくれた。ファイターズの選手としても道民としてもうれしい」と語り、今季から中日に移籍した大野奨も「北海道は第2の故郷。やれることをやる」と力を込めた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月18日のニュース