清宮 打撃練習封印 年内は右手首違和感考慮、体づくり

[ 2018年12月18日 05:30 ]

キャッチボールを行う清宮
Photo By スポニチ

 日本ハム・清宮が年内の打撃練習を封印する可能性を示唆した。千葉・鎌ケ谷の室内練習場で体を動かしたが、11月頃から続く右手首の違和感を考慮して、守備練習に専念した。

 「一応大事をとって。(年内の打撃練習は)どうしようかなと」と話した。代わりに現在は、体づくりに重きを置く。103キロだった体重が、さらに約1キロ増量したことを明かし、「質の良い食事を取って、オフ期間でもう少し増やしたい」と話した。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2018年12月18日のニュース