女性2人含む審判員の卵65人が受講 NPBアンパイア・スクール

[ 2018年12月18日 05:30 ]

NPBアンパイアスクールを受講した福井さん
Photo By スポニチ

 日本野球機構(NPB)は17日、さいたま市のロッテ浦和球場で行われている審判員養成のための「NPBアンパイア・スクール」を報道陣に公開。女性2人を含む65人が参加し、プロ野球の現役審判員の指導を受けた。

 受講した同大1年の福井涼平さん(19)は歴代6位の3359試合でジャッジした福井宏氏(80)の孫で「祖父の仕事で審判という存在を意識した」とプロの審判員を目指している。高い評価を受ければ来春のキャンプに参加でき、適性が認められれば審判員として採用される。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月18日のニュース