日本ハム中島 新戦力との融合「楽しみ」 自主トレで精力的に汗

[ 2018年12月18日 11:45 ]

札幌市内の室内練習場で自主トレを行った日本ハム・中島
Photo By スポニチ

 日本ハムの中島卓也内野手(27)が18日、札幌市内の室内練習場で自主トレを実施。キャッチボールや打撃練習を行うなど精力的に汗を流した。

 17日には食とスポーツを手掛けるニッポンハムグループの出前授業「食とスポーツ教室」の特別講師として母校でもある福岡糖屋宇美町立井野小学校を訪問。卒業した02年以来16年ぶりの母校で、後輩たちと平均台やフラフープを使用した運動を行って交流し「校長先生とかが僕の成績もチェックしてくれていたみたいでうれしかった」と笑顔で振り返った。

 27歳ながら今季は選手会長も務め、発展途上の若手が多いチームをまとめた。オフは全国各地でイベントに出演し、前日も福岡での母校訪問後に北海道に移動。この日は朝一番に室内練習場に姿を見せるなど限られた時間の中で来季に向けて自主トレも行っている。

 3年ぶりのV奪回を目指す来季に向け、球団はオリックスを自由契約となった金子、台湾・ラミゴで16、17年に2年連続で打率4割を記録した王柏融など積極的に補強を行っている。遊撃のレギュラーとして全試合出場が最低限の目標である若きチームリーダーは「新しい戦力も入ってくるし楽しみ。他のチームも強いので、チーム一丸で戦っていきたい」と目を輝かせた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月18日のニュース