日本ハム・宮台 人生初ゴルフは“ほろ苦デビュー”レンタルクラブ破壊、スコアは…

[ 2018年11月26日 15:15 ]

1番、ティーショットを放つ日本ハム・宮台(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 日本ハムの選手会は26日、北海道苫小牧市内のゴルフ場で納会ゴルフを開催。ドラフト1位の清宮幸太郎内野手(19)や同7位の宮台康平(23)ら今季の新人が初参加した。

 人生初のゴルフとなった宮台は、3ホール目のティーショットで思い切りダフってしまい、レンタルクラブのドライバーを破壊。その後も動揺から立ち直ることができず、スコアは198だった。

 ラウンド直後に報道陣に対応した際も表情は冴えず「ショックです。へこんでます。練習は一回だけできました」とコメント。今季は8月23日のソフトバンク戦で東大出身の投手としては51年ぶり3人目の先発登板を果たして5回途中2失点と力投を見せたが、ゴルフのデビュー戦はほろ苦い結果となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年11月26日のニュース