「下柳剛ドリームカップ」“離島チーム”中対馬ビームスが初優勝 下柳氏も感激

[ 2018年11月26日 13:34 ]

優勝した「中対馬ビームス」のメンバーと下柳氏
Photo By スポニチ

 長崎県諫早市で25日、「下柳剛ドリームカップ 長崎少年ソフトボール選手権大会」が開催された。12回目を迎えた大会は、中対馬ビームスが初優勝。離島チームとしても、初の栄冠となった。

 勝利にかける執念が好結果を呼んだ。チームは大会を勝ち抜くことを想定して、深夜のフェリーを予約。福岡港を深夜12時に出発し、早朝5時前に対馬へ戻る強行軍を選択していたのだった。

 優勝を決めた瞬間は、多くのチーム関係者がうれし涙を流していた。下柳氏は「その覚悟を持ってきてくれたのが、良い結果を呼んだと思う。泣いて喜んでいるのを見て、それだけの大会になったのだな、と。本当に嬉しかったね」と感慨深げに振り返った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年11月26日のニュース