オリからFA西 決断間近「方向性は決まってきている」

[ 2018年11月26日 05:30 ]

ファンに手を振る西(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 オリックスから国内FA権を行使した西が、京セラドームで行われたファン感謝イベントに参加。注目される去就について「そろそろ決めたい。長引かせるのもよくない。方向性は決まってきている」と話した。

 西は24日に阪神と2度目の交渉に臨んだ。年俸2億5000万円前後に3〜4年の複数年契約を提示された条件に加え、広い甲子園で投げられる利点について説明された。12球団の本拠地別による本塁打数は、甲子園の68本が最少で「その通りだと思った」と話し、「非常に熱意を感じた。短い時間だったが、しっかりとした話ができた」と感想を語った。ソフトバンクからも4年総額15億円の高い評価を受けている。「もう少しで断りの連絡を入れていく。最後は家族と話し合って決めたい」。争奪戦は最終局面を迎えた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年11月26日のニュース