丸、両リーグ最多得票で3年連続ベストナイン 去就は…悩める胸中「自問自答しながら」

[ 2018年11月26日 17:37 ]

 広島の丸は両リーグ最多得票で3年連続4度目のベストナイン受賞を飾った。3番打者として打率3割6厘、自己最多の39本塁打と97打点をマークし「一つの目標。毎年取れるように頑張っているし、目標にしている中で受賞できたのは本当にうれしい」と話した。

 3連覇の立役者は国内フリーエージェント(FA)権を行使し、残留を願う広島に続いてロッテ、巨人と交渉の席に着いた。この日は広島選手会のゴルフに参加し、注目の去就については「自問自答しながら考えるしかない」と熟考を重ねている。「早いうちに決断できればベストだとは思うが、リミットを決めているわけではない」と悩める胸中を明かした。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年11月26日のニュース