落合博満氏 荒木&浅尾の引退に“物言い” 自身が監督なら「来年もやらせる」

[ 2018年11月26日 21:40 ]

2011年11月、荒木からウイニングボールを受け取る落合監督
Photo By スポニチ

 元中日監督で野球解説者の落合博満氏(64)が26日、スカパー!プロ野球ツイッター公式アカウントでのライブ配信「落合博満のオレ流野球談議」に登場。予定の1時間を22分間もオーバーしてぶっちゃけまくった。

 かつて自身が監督を務めた中日では今季限りで岩瀬仁紀投手(44)、荒木雅博内野手(41)、浅尾拓也投手(34)のレジェンド3人が現役を引退したが、「荒木と浅尾はまだできたんじゃないかなって。あとは使う側ですよ」と引退は早いとキッパリ。自身が監督だったら?と問われると「来年もやらせるよ」」と言い切った。

 3人からは「ありがとうございました」と電話をもらったそうだが、これで自身が監督に就任した2004年から中日に在籍する選手で来季もプレーするのは山井大介投手(40)だけ。「短期間だけじゃなく1シーズン頑張れ、だよ」と愛情を込めて辛口エールを送った。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2018年11月26日のニュース