巨人・原監督「智之しかいない」菅野に背番号18、12球団最速開幕投手指名

[ 2018年11月26日 05:00 ]

巨人の菅野
Photo By スポニチ

 巨人・菅野智之投手(29)が、来季から背番号「18」をつけることが決まった。原辰徳監督(60)が現在の「19」からの変更を打診し、快諾を得たことを25日、明かした。2年連続で沢村賞獲得のエースがプロ7年目を迎える来季、文字通り「エースナンバー」を背負う。さらに指揮官は菅野を12球団最速で来季の開幕投手に指名。2年連続5度目の大役となる。

 投手にとって、「18」は特別な数字。原監督は菅野に託す熱い思いを口にした。

 「ジャイアンツの長い歴史の中で、監督ではあるけどOBという立場で18番の重さというのは感じています」

 打診は今季終了後。4年ぶりに指揮を執ることが決まった原監督は「来季から18番をしっかり背負った状態で戦ってほしい」と変更を申し出た。本人の反応は「いいんでしょうか?」と謙虚なものだったという。「智之しかいない」と続け、菅野は「分かりました。戦います」と応じた。

 球界を代表する大エースが背負ってきた。58、59年に2年連続MVPに輝いた藤田元司、V9に導いた堀内恒夫。86年から21年間は桑田真澄がつけ、杉内俊哉が今季限りで引退したことで空き番となった。菅野は今季10完投を含むリーグ最多15勝、最優秀防御率(2・14)、最多奪三振(200)の3冠を獲得。名実ともに「エースの象徴」を背負う。

 原監督は「(18番を)どういうふうに本人が感じるか」と、さらなる発奮材料になるよう願う。この日、目黒シティラン10キロの部のスターターを務めた。ピストルでスタートを合図し、5年ぶりV奪還の「号砲」も鳴らした。そして来年3月29日の広島との開幕戦(マツダ)先発に12球団最速で菅野を指名した。

 14日にへんとうの手術を受けたため、本人には伝えていないが「開幕については、そのつもりで宮本(投手総合コーチ)、水野(投手コーチ)、私の中では決めている」と明かした。2年連続5度目の大役で過去3勝1敗。勝てば球団最多タイの開幕4勝目となる。

 相手はリーグ3連覇の広島。敵地では今季2勝9敗1分けと苦しみ、CSファイナルSでも3連敗した「呪縛」を、18番を背負うエースが解く。原監督は手術の2日後に「苦しみを越えたらいいことがある」とメッセージを送ったことも明かした。 (神田 佑)

 《最長桑田21年》巨人で背番号18の期間が最も長いのは桑田真澄の21年。1年目の86年から退団した06年まで着続け球団7位の173勝をマーク。次いで18年の堀内恒夫。堀内は背番号18では最多の527試合に登板。勝利数が多いのは中尾碩志で209勝。16シーズンで球団2位、左腕では球団1位の勝ち星を挙げた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年11月26日のニュース