【ベストナイン受賞者の声】柳田「満票はうれしい」会沢「1年だけは嫌だった」

[ 2018年11月26日 18:57 ]

 セ、パ両リーグは26日、今季のベストナインを発表した。セ投手は巨人・菅野で2年連続3度目の受賞。リーグ3連覇の広島からは捕手・会沢、外野で丸、鈴木の3人が選出された。パは10年ぶりにリーグ制覇した西武から菊池―森のバッテリーに、一塁・山川、二塁・浅村、遊撃・源田、外野・秋山と12球団最多の計6人が選ばれた。

 受賞者のコメントは以下の通り。

 ▼巨人・菅野 2年連続で選んでいただき大変光栄。現状に満足することなく、これからも高い目標に向かって日々成長できる野球選手でありたい。チームの先頭に立って来年こそ優勝したい。

 ▼広島・会沢 2年連続で取れたということが自分的にはうれしい。(受賞が)1年だけというのは嫌でしたし、もっともっと上のレベルでまだやりたい。

 ▼中日・ビシエド 大変うれしく思う。とりわけベストナインは素晴らしい選手がいる中で選ばれ光栄。皆さんに感謝の気持ちでいっぱい。2018年は個人的には大満足のシーズンになった。

 ▼ヤクルト・山田哲 去年は取れなくて悔しさもあったので、良かった。チームは優勝はできなかったが、確実に成長している。その一員として頑張れたのが良かった。

 ▼DeNA・宮崎 2年連続で選んでいただき非常に光栄。今季は悔しいシーズンだった。来季こそはリーグ優勝、日本一を達成できるよう頑張る。

 ▼巨人・坂本勇 けがでチームを離れた時期があったが、いろんな方々のサポートがあったおかげで受賞できたと思う。来年は優勝して、この賞も2年連続で選んでいただけるように頑張る。

 ▼広島・丸 選んでいただき光栄。この賞に浮かれることなく、これからもレベルアップできるように頑張る。

 ▼広島・鈴木 うれしい。今年は休み休みやっていたので、フルで出て、いい成績を残して、また取れたらいいと思う。

 ▼DeNA・ソト まさか自分が選ばれるとは思わなかったので驚いている。常にベストを尽くし、チームに貢献することを意識してやってきたので、非常に光栄です。

 ▼西武・菊池 今シーズンは野手の方に打ってもらい勝利した試合ばかりだった。試行錯誤を重ねた1年だったが、賞を頂くことができてとても光栄に思う。

 ▼西武・森 パ・リーグのベストナインに選ばれ、とてもうれしい。来シーズン以降も続けて受賞できるようこれからも練習に励み、今シーズン以上の成績を残せるよう頑張ります。

 ▼西武・山川 初めての受賞なのでとてもうれしい。選んでいただき大変光栄に思う。これから毎年、この賞を頂けるよう頑張りたいと思う。

 ▼西武・浅村 選んでいただき光栄。毎年、目標にしている賞なので、本当にうれしい。来年もまた選んでいただけるよう頑張りたいと思う。

 ▼ソフトバンク・松田宣 一度は欲しかった賞なのでうれしい。全試合に出て30本塁打、80打点以上を打てたのは、それなりに良かった。また2、3回と取れるようにしたい。

 ▼西武・源田 リーグ優勝したチームの一員として、受賞できたことがうれしい。トレーナーや、スタッフの方のいろいろなサポートがあったからこそだと思う。来シーズンもチームの勝利に貢献できるように頑張りたい。

 ▼ソフトバンク・柳田 しっかりした成績を残せた。ベストナインは毎年目標にしている。パ・リーグの素晴らしい打者がいる中、満票で目標を達成できてうれしい。

 ▼西武・秋山 西武からこれだけたくさんの選手が選ばれたことがうれしい。これからもチーム内で切磋琢磨し、自分も負けないように来シーズン以降も頑張りたい。

 ▼オリックス・吉田正 初めて規定打席に到達した中でこのような賞に選んでいただき、光栄に思う。来年は打撃部門でもタイトルを取れるように頑張ります。

 ▼日本ハム・近藤 ずっと取りたい賞だったのでとてもうれしい。初めて取ることができて良かった。これからもタイトル争いに加われるように頑張りたい。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年11月26日のニュース