大谷のエンゼルス 投手陣整備急務 成功なら来季順位アップ予測

[ 2018年11月26日 05:30 ]

エンゼルスの大谷(AP)
Photo By AP

 大リーグ公式サイトが来季順位を上げるだろう球団を予測し、今季勝率5割以下の14チームから、今オフの補強の成功を前提にエンゼルス、フィリーズ、ツインズ、メッツ、レッズが選ばれた。

 エ軍は右肘のじん帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)を受けた大谷を含め投手陣に故障者が続出しており、投手陣の整備が急務。同サイトは「トラウトがFAになる2020年以降を見据え、正しいチームづくりをしなければならない」と説明した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年11月26日のニュース