落合博満氏 自身が監督ならオリ金子獲得に動く「誰が何を言ったっていきますよ。まだやれる」

[ 2018年11月26日 22:36 ]

<オリックスファンフェスタ>東明(左)のタスキを引っ張る金子(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 元中日監督で野球解説者の落合博満氏(64)が26日、スカパー!プロ野球ツイッター公式アカウントでのライブ配信「落合博満のオレ流野球談議」に登場。予定の1時間を22分間もオーバーしてぶっちゃけまくった。

 オリックスからプロ野球史上最大の5億円減となる来季年俸1億円の提示を受けた金子千尋投手(35)について、自身が監督だったらと聞かれると「絶対(獲りに)行きますよ。誰が何を言ったっていきますよ。まだやれる」と断言。質問は中日と断定したものではなかったが、「金子を獲ることで吉見が生きる」と言い切った。

 「2人ともトヨタ(自動車出身)なんですよ。吉見は金子をずっと追いかけてる。相乗効果を考えたら絶対獲りにいく」とともに社会人野球のトヨタ自動車出身で35歳の金子と、1学年下の吉見一起投手(34)の相乗効果を狙って中日が金子獲得に動くべきだと熱弁した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年11月26日のニュース