西武・山川「公言」50発&打点浅村超え 松井以来日本人17年ぶり大台なら2冠も

[ 2018年11月26日 05:30 ]

野球教室で今井の捕手役を務める山川。炭谷の穴も埋める?
Photo By スポニチ

 本塁打王の西武・山川が来季の目標に50本塁打と「浅村超え」の打点を挙げることを掲げた。埼玉県所沢市内の伸栄小で小学生約170人を対象とした野球教室に参加し「(本塁打は)今年47本で3、4本増やしたい。打点は浅村さんを超えたいですね」と話した。

 50本の大台に届けば日本人では02年の松井秀喜(巨人)以来17年ぶりとなる。打点は楽天にFA移籍する浅村が今季、球団新の127打点で打点王を獲得。3差で2位に終わり「打点に関しては僕はライバルだと思っていた。(浅村が抜ける来季は)自分に対するマークも厳しくなる。浅村さんの分も打つくらいでいかないと」と意気込む。50発を超え、打点も浅村を超えれば2冠王も見えてくる。

 今季、・281だった打率も・290に設定。「技術、精神的に上がればできないことはない。自分にプレッシャーをかける意味でも、公言してできるかできないか」。昨オフは口にしなかった目標値を披露して、来季に臨む。(春川 英樹)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年11月26日のニュース