前・地元紙記者証言 大谷がスターになるための3要素「世界一」「二刀流継続」「積極的発言」

[ 2018年10月23日 09:50 ]

「Monthly Shohei」10月編

エンゼルスの大谷
Photo By スポニチ

 【前「オレンジ・カウンティー・レジスター」記者・志村朋哉】大谷はエンゼルスのグッズの売り上げ、スポンサー料を含めて大きく貢献した。ただ、(地元の)オレンジ郡全体で見ると、目立つような変化はないのが実態。街を歩いていてもエ軍ファンでなければ、気づかない可能性がある。

 大リーグの人気が相対的に落ちている中、大谷が全米レベルでスターになるには、(1)エ軍がワールドシリーズで優勝すること(2)二刀流を続けること(3)思ったことを積極的に発言すること――この3つが不可欠だ。

 野球に興味のない人は選手の人間性や生き方に興味を持ち「応援したい」という気持ちになる。来季は打者としてとんでもない成績を残すのではないかと予想するが、大谷自身の発信力にも注目したい。(13年から今季まで同紙で記者を務め、英語で記事を執筆)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月23日のニュース