巨人・菅野 2年連続3度目の東京ドームMVP賞 特別賞は岡本

[ 2018年10月23日 15:45 ]

<東京ドームMVP賞表彰式>MVP受賞の巨人・菅野(左)は特別賞の岡本と笑顔を見せる(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 2018年度の「東京ドームMVP賞」が巨人の菅野智之投手(29)に決定した。2年連続3度目の受賞。セ・リーグの最多勝、最優秀防御率、最多奪三振の3冠に輝いた菅野は今季、東京ドームで10勝3敗(6完封)、防御率1・68、102奪三振といずれもチームトップの成績を残した。「東京ドームで試合をするというのは僕にとっては格別なものがある。6回も完封できたのは誇りに思う」と喜びを語った。

 また、岡本和真内野手(22)に「東京ドームMVP特別賞」が贈られた。史上最年少での「打率3割、30本塁打、100打点」を達成した岡本は今季、東京ドームで打率・273、13本塁打、39打点をマーク。「来年はもっと大事になってくる。勝負強い、信頼されるバッターになりたい」とさらなる飛躍を誓った。

 菅野には賞金300万円、岡本には100万円が贈呈されるとともに、記念の「スターメモリアルプレート」が東京ドーム内に展示される。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月23日のニュース