ヤクルト 西武退団の橋上氏招へいへ 野村ID野球の申し子、2軍チーフコーチに

[ 2018年10月23日 06:11 ]

今季まで西武の1軍作戦コーチを務めた橋上氏
Photo By スポニチ

 ヤクルトが来季の2軍チーフコーチとして、今季まで西武の1軍作戦コーチを務めた橋上秀樹氏(52)の招へいを検討していることが22日、分かった。西武の全日程が終了した21日に退団が発表されていた。

 橋上氏は83年のドラフト3位でヤクルトに入団し、主に外野手として96年まで在籍。野村克也氏の「ID野球」を叩き込まれた黄金時代を知り、23年ぶりの古巣復帰となる。また、三木肇2軍チーフコーチは退団が濃厚で、楽天が招へいに動くとみられている。1軍バッテリーコーチには、今季までスコアラーを務めた衣川篤史氏(37)の就任が発表され、この日から始まった秋季練習にも合流し「しっかり競争させて準備させて春のキャンプを迎えたい」と抱負を語った。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年10月23日のニュース