西武 ヒース&マーティン両投手の残留決定

[ 2018年10月23日 12:11 ]

残留が決まった西武のデュアンテ・ヒース(左)とカイル・マーティン
Photo By スポニチ

 西武が23日、外国人選手のデュアンテ・ヒース投手(33)、カイル・マーティン投手(27)との来季の契約を締結したと発表した。

 ヒースは5月中旬に支配下登録され、42試合に登板。4勝1敗13セーブ9ホールドで防御率2・50。マーティンは7月末に支配下登録され、22試合に登板。2勝1敗1セーブ10ホールドで防御率2・08をマークし、必勝リレーを支えた。両投手とも21日まで行われていたパ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージでも好投している。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年10月23日のニュース