東都優勝決定プレーオフ 立正大「一丸で」

[ 2018年10月23日 17:11 ]

 東都大学野球秋季リーグ戦の優勝決定はプレーオフに持ち込まれた。

 09年秋以来の優勝を目指す立正大の坂田精二郎監督は「他力じゃなく、自力で優勝を狙える。もう一度一丸になって、緊張感を持って臨みたい」と大一番を見据えた。

 プロ志望届を提出しているドラフト候補の伊藤裕季也主将(4年=日大三)も「プレーオフもあると思ってしっかり練習してきている。準備は万端です」と腕をぶした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月23日のニュース