PR:

阪神 オリ・マレーロ獲得調査 来日2年31発、慣れと実績評価

オリックスのマレーロ
Photo By スポニチ

 矢野燿大監督(49)を迎えた阪神が、来季の新助っ人野手調査と並行し、国内他球団助っ人では今季でオリックスとの単年契約が満了となるクリス・マレーロ内野手(30)の獲得調査を進めていることが22日、分かった。2シーズンの日本経験と、NPB通算150試合で31本塁打の長打力を評価。本人は来季も日本でのプレーを希望しているものの去就未定の状況で、今後も動向を見守る方針だ。

 もう失敗は許されない。16年のヘイグ、17年のキャンベル、そしてロサリオ…。金本前監督が指揮を執った3年間、阪神が主軸候補として補強してきた新助っ人たちは、のき並み誤算に終わった。

 中でも新外国人選手では球団史上最高額となる推定年俸3億4000万円で獲得したロサリオの不発は痛かった。メジャー通算71本塁打、KBO2年間70本塁打の実績をもってしても、日本野球に順応できなかった。球団は新助っ人野手の調査を進めている最中ながら、実績十分のロサリオでも打てなかった結果を受け、候補選定の根拠が判別しにくくなっているのも事実。そこで視野に入るのが、日本で一定の成績を残した他球団助っ人だ。

 球団首脳は「こういう状況になれば日本球界経験者も考えないといけないでしょう。ある程度、打つことは計算できますから」と見通しを立てた。その最有力候補として浮上するのが、今季でオリックスとの単年契約が満了となるマレーロだ。球団幹部も「調査リストには入っています」と話した。

 マレーロは来日2年目の今季こそ68試合出場、打率・201、11本塁打、26打点と不振にあえいだ。とはいえ途中加入した昨季は82試合に出場して打率・290、20本塁打、50打点。力のあるパ・リーグの投手相手に、持ち味の長打力を発揮した。通算150試合31本塁打でシーズン143試合換算でも29・6本塁打と計算が立つ。守備位置も主に一塁のため、球団が目指す若手野手育成の妨げになりにくい。本人が、来季も日本でのプレーを希望しているという情報も大きい。さらにオリックスに加入するまでは、阪神の補強リストに名前が入っていた縁もある。来季去就は現時点で未定だが、オリックスとの契約が切れるようなら獲得に動く価値は十分にある。

 もちろん球団は矢野監督も交えて会議を重ね、急ピッチで新助っ人野手の調査を進めている。さらにロサリオについても大幅減俸を条件に来季残留の可能性を残しており、検討を重ねている。ただ一方で、巻き返しへ向けて、ある程度の計算が立つ助っ人砲を確保しておきたいのも、正直なところ。球団は今後も、マレーロの動向を見守っていく。

[ 2018年10月23日 06:04 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:11月15日05時〜06時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      カレッジスポーツ

      特集・コラム