広島、2位ヤクルトに勝ち優勝マジックは「26」に

[ 2018年8月22日 21:11 ]

セ・リーグ   広島7―4ヤクルト ( 2018年8月22日    マツダ )

5回、西川(右)は3ランを放ち、丸とタッチをかわす(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 広島がヤクルトを下し、優勝へのマジックナンバーは2つ減って26となった。

 広島は4―4で迎えた5回、丸の中前打を足場に1死二、三塁のチャンスを作ると、西川が代わった秋吉の初球を叩き、ライトスタンドに5号3ラン。7―4と勝ち越した。

 先発の九里は6回を投げ4失点。序盤は苦しんだものの、中盤は持ち直し試合を作った。中継ぎがしっかりリードを守り切り、九里は7勝目をマーク。抑えの中崎が29セーブ目を挙げた。

 ヤクルトはバレンティンの32号3ランもあって3回に逆転したが、、手痛い逆転負け。先発の館山は3回右腕に鈴木の打球を受け、無念の降板。後を受けた風張が4敗目、チームは2連勝でストップした。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月22日のニュース