大阪桐蔭 史上初!2度目春夏連覇 根尾バックスクリーン弾&藤原快足で中前二塁打

[ 2018年8月22日 05:30 ]

第100回全国高校野球選手権記念大会最終日・決勝   大阪桐蔭13―2金足農 ( 2018年8月21日    甲子園 )

<大阪桐蔭・金足農>5回無死一塁、大阪桐蔭・根尾は吉田から中越え2ランを放つ(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 100回目の夏に偉業が打ち立てられた。大阪桐蔭が4年ぶり5度目の優勝、12年に続く春夏連覇を達成。2度目の春夏連覇は史上初となった。15安打13得点の大勝。根尾昂内野手(3年)が今大会3本目の本塁打、藤原恭大外野手(3年)が3安打2打点と、今秋ドラフト1位候補コンビが頂上決戦でも実力を発揮した。決勝は春夏通算で8戦8勝となった。

 最後の打球が右翼手・青地のグラブに収まると、根尾は遊撃の位置から勢いよく仲間の元へ走った。昨春、今春のセンバツ優勝時は投手。この日は右手指のマメの影響もあり、登板しなかった。戦後初の3度目の胴上げ投手という栄誉はなくても、仲間と分かち合う優勝以上の喜びはない。閉会式が行われたその上空には、2度目の春夏連覇の偉業を祝福するかのように美しい虹がかかった。

 「シンプルにめちゃめちゃうれしかったです。大阪桐蔭のユニホームには“圧”があるというか、素晴らしい高校。意識の高い仲間とプレーできた」

 見せ場は5点リードの5回無死一塁。真ん中高め140キロ直球を仕留めた打球はバックスクリーンへ消えた。「球が強かったので、叩いただけで伸びてくれた」。剛腕・吉田から今大会3本目、高校通算30号を放った。

 副主将として個性の強い世代を束ねた。その行動力は皆の模範。西谷浩一監督は言う。「バスを降りたら一番に走っていくし、1年生よりも先にトンボをかける。寮の中でも何でも一番」。最近では指揮官もおどけて「根尾さん」と呼ぶ。

 「入学した当時から根尾は日本で一番注目されていた選手。そんな選手が自分の近くにいた。自分の成長に役立った」。そう話すのは藤原だ。一緒に最大の目標を追った最後の試合で大暴れ。3回は中前へ運んだ当たりを、相手の隙を見逃さず50メートル5秒7の快足で二塁打にした。5回は先頭で右前打、さらに打者一巡して左中間へ適時二塁打を放った。

 西谷監督は「勝つことで最強のチームということを証明したかった。(前回春夏連覇した)12年の時と比べることはできないけど、3回優勝したという実績では上回ったんじゃないかな」と言った。根尾と藤原がいた3年間で全国制覇3回。それは、PL学園の桑田&清原のKKコンビですら果たせなかった。平成最後の夏。歴代最強チームとして大阪桐蔭の名は刻まれた。 (吉仲 博幸)

 《来春センバツはともに史上初の春3連覇、3季連続優勝がかかる》大阪桐蔭が12年の同校以来6年ぶり8度目の春夏連覇。同じ学校が2度達成したのは初めて。来春センバツはともに史上初の春3連覇、3季連続優勝がかかる。ちなみに過去に春夏連覇した7校のうち、翌年のセンバツに出場したのは横浜と大阪桐蔭の2校で、勝ち星を挙げたのは大阪桐蔭(3回戦敗退)のみ。

 《単独2位》大阪桐蔭の優勝は春夏通算8度目。並んでいたPL学園、広島商、松山商を抜き単独2位となった。1位は中京大中京の11度。夏5度目の優勝は3位タイ。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年8月22日のニュース