「医者の選択肢はないです」 大阪桐蔭ドラ1候補の根尾は遊撃1本

[ 2018年8月22日 08:00 ]

第100回全国高校野球選手権記念大会最終日・決勝   大阪桐蔭13―2金足農 ( 2018年8月21日    甲子園 )

<大阪桐蔭・金足農>5回無死一塁、中越えへ2ランを放つ大阪桐蔭・根尾(撮影・近藤 大暉)
Photo By スポニチ

 今秋ドラフト1位候補の投打二刀流、大阪桐蔭・根尾昂内野手(3年)は今後の進路について「上の世界ではショートで勝負したい」と言い切った。

 U18日本代表に選出されたが、高校野球は今大会が一つの区切り。スキーで国際大会に出場した実績を誇るが「スキーに未練はありません」。父・浩さん、母・実喜子さんはともに診療所の医師だが「医者の選択肢はないです」と話す。

 同1位候補の藤原に加え、最速151キロ右腕・柿木、同144キロ左腕・横川の計4人がプロ志望届を出す予定だ。ドラフト同一年の最多指名は1977年の法大など5人。高校からは66年2次ドラフトの中京商、平安、76年の崇徳、01年の日大三の4人が最多だ。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月22日のニュース