×

広島 M消えた…屈辱逆転負け “弱点”救援陣不安さらけ出す

[ 2018年8月18日 05:30 ]

セ・リーグ   広島5―7DeNA ( 2018年8月17日    横浜 )

<D・広>8回、筒香(手前)に逆転満塁本塁打を打たれた一岡(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 広島は17日のDeNA戦で、8回に無死満塁から登板した一岡が、筒香に満塁アーチを浴びるなど、3者連続被弾で逆転負けを喫した。14日からの阪神3連戦では、今村とフランスアに黒星が付くなど救援陣の不安定さが露呈。チームは連敗で優勝へのマジックナンバーは2日間で消滅したが、18日に引き分け以上で、ヤクルトが負ければマジック30が再点灯する。

 弱点は屈辱的な負け方でさらされた。3点優勢の8回無死満塁。苦しい場面での登板となった2番手・一岡の初球を筒香は見逃さなかった。弾丸ライナーで右翼席に着弾する逆転満塁アーチ。屈辱はさらに上塗りされていく。宮崎には左越えソロ、ソトにも左翼席に運ばれて、まさかの3者連続被弾で、優勝マジックは2日間で消滅した。重い空気が漂う帰途、一岡はこの事実を受け止めた。

 「準備はしていた。開き直って投げていったけど、こういう形になって申し訳ない。この場面を止めるのが仕事なので…」

 救援陣に安定感が戻らない。昨季の今村―ジャクソン―中崎の“勝利の方程式”はすでに崩壊。ジャクソンは本調子から程遠く今季2度目の再調整中だ。復調気配を見せていた今村も、14日の阪神戦では押し出し四球を与えるなど4失点(自責0)で敗戦投手となり、全幅の信頼を置くには至らない。

 頼みのフランスアは、チーム方針の最大3連投をしており、この日は登板回避だったのも痛かった。守護神の中崎も、ここ10試合連続で安打を許しており状態は下降気味だ。永川、中田は再調整中…。新しく打つ手は見当たらず、苦しい台所事情は続く。緒方監督は「この球場はビッグイニングを気をつけないといけない。DeNA打線は一気に集中打をしてくるところがある」と悔しがり、畝投手コーチは「ここにいるメンバーでやるしかない。イチ(一岡)も明日切り替えてやり返して欲しい」と奮起を促した。

 前回の3連続被弾は、昨季の8月22日。この日と同じ相手、同じ球場で3発目はサヨナラ弾だった。しかも、その試合から3試合連続でサヨナラ負けを喫した。ならば、ここからが王者の底力の見せどころだ。この屈辱的な敗戦は、チームの士気に影響を与えてもおかしくないが、昨季も3度、優勝マジック消滅を経験してゴールテープを切っている。落胆の大きい敗戦だが、また一つ成長の糧にする。 (河合 洋介)

 ≪18日にもM再点灯≫広島がDeNAに敗れ、ヤクルトが阪神に勝ったため、ヤクルトの自力優勝の可能性が復活。広島のマジックが消滅した。なお、広島のマジックは早ければ18日にも再点灯する。条件は広島がDeNAに勝つか引き分けて、ヤクルトが阪神に敗れることでM30が出る。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2018年8月18日のニュース