巨人・長野が“メモリアル弾”東京ドーム看板直撃弾100号「うれしい」

[ 2018年8月18日 15:39 ]

セ・リーグ   巨人―中日 ( 2018年8月18日    東京ドーム )

<巨・中>3回1死、長野は左越えソロを放つ(撮影・西川 祐介)
Photo By スポニチ

 巨人の長野が18日の中日戦に「6番・右翼」でスタメン出場。3回に東京ドーム看板直撃弾100号となる“メモリアル弾”を放った。

 両軍無得点で迎えた3回。マギーの17号2ランで先制すると、阿部が右翼席へ7号2ラン。続く長野が中日先発の山井の2球目を強振。左翼席上段にある「株式会社インターネットイニシアティブ」の看板直撃アーチを放った。

 阿部に続く2者連続弾となった長野の一発が、東京ドーム看板直撃弾100号。通算100本目の「東京ドーム特別スポンサー賞(ビッグボード賞およびオーロラビジョン賞)」に認定されると「9年目で初めてなのでうれしいです」と喜んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2018年8月18日のニュース