PR:

ヤクルト ドラ6宮本、プロ初安打含むマルチ「続けていきたい」

セ・リーグ   ヤクルト3―4阪神 ( 2018年8月18日    神宮 )

<ヤ・神>4回1死一塁、宮本がプロ初安打を右前に放つ(撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 ヤクルトは敗れはしたが、「7番・三塁」でプロ初先発したドラフト6位・宮本(奈良学園大)が、プロ初安打を含む2安打と存在感を見せた。

 4回1死一塁で右前打。「(初安打は)少し詰まりぎみだったけど、しっかり押し込めました。自分らしいヒットだと思います」。6回無死一、二塁では初球を積極的に左前へ運び、好機を拡大。追い上げの2点へつなぎ、「1本目の次が大事だと思っていたので、自分にとって大きかった」と手応えを口にした。

 初回2死の守備。ファーストプレーでは福留の三塁への打球をしっかりつかめず、失策がついてしまったが、「土橋(内野守備走塁)コーチにたとえ投手に聞こえなくても声を出せと言われた。最初は一人、取り残されている気がしたけど、声を出したら入っていけた」と気持ちも切り替えられた。

 プロでの確かな一歩を記し、「毎日、生き残っていくのに必死なので、あしたからも続けていきたい」と、また表情を引き締めていた。

[ 2018年8月18日 23:14 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:09月20日18時〜19時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム