×

ロッテ・中村 球団新シーズン20死球「しっかり打ちに行けている証拠」

[ 2018年8月18日 21:44 ]

パ・リーグ   ロッテ2―3楽天 ( 2018年8月18日    楽天生命パーク )

<楽・ロ16>7回2死三塁、松井が暴投、三走中村が同点のホームイン(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 ロッテの中村奨吾内野手(28)が18日の楽天戦(楽天生命パーク)でシーズン死球の球団新記録を作った。試合前までは18死球で17年の鈴木と並んでいたが、この日、2死球を受けて20死球とし、06のヤクルト・ラロッカに並ぶ歴代7位となった。

 「しっかり打ちに行けている証拠」と踏み込めていることを前向きにとらえる中村。

 1―2の7回無死、死球で出塁し、2死三塁から相手暴投で一時は同点のホームを踏むなど、チームへの貢献度も高い。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2018年8月18日のニュース