熱男から暑気払い3発援護 柳田特大弾、福田ダメ押し弾 

[ 2018年8月18日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク9―0オリックス ( 2018年8月17日    京セラD )

<オ・ソ>2回、先制の2ランを放ち生還する松田(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 ソフトバンク・松田宣が2回に4試合ぶりの23号2ランを放った。8月に入り5本塁打と調子を上げ「入らないかなと思ったが入ってくれて良かった」と振り返った。

 7回には柳田が右中間へ推定135メートルの特大26号2ラン。「力まないように、あとはかち上げるだけ。十分、(バットの)芯を食いました」と満足そうだった。

 ▼ソフトバンク・福田(途中出場で9回に4号2ラン)僕にとってはもの凄く大きい一打になった。

 ▼ソフトバンク・上林(三塁打2本に)8月は全然打てていなかったので良かった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年8月18日のニュース