【西千葉】東京学館浦安・池田 大谷に勝ち越し弾「さすがだな」

[ 2018年7月27日 05:30 ]

第100回全国高校野球選手権記念西千葉大会決勝   東京学館浦安2―6中央学院 ( 2018年7月26日    ZOZOマリン )

<中央学院・東京学館浦安>東京学館浦安先発の池田(撮影・近藤 大暉)
Photo By スポニチ

 東京学館浦安は7年ぶりの決勝で力負けし、初優勝はならなかった。

 中央学院・大谷に勝ち越し弾を浴びた池田は「カーブで緩急をつけようと思ったが浮いてしまった。さすがだな、と思った」と脱帽。橋口孝司監督は「立ち上がりに浮ついてしまった。中央学院さんは力が上で、場慣れしていた」と悔しさをにじませた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年7月27日のニュース