巨人・長野 名演技!ベース踏んだフリ リクエストでセーフに

[ 2018年7月5日 19:19 ]

セ・リーグ   巨人―DeNA ( 2018年7月5日    東京D )

 巨人・長野久義外野手(33)が名演技で相手の失策を誘った。

 2点を追う3回、1点を返し、なおも1死二、三塁で長野の打球は遊ゴロ。しかし遊撃・柴田の一塁への送球がそれてタッチプレーに。一塁・ソトのタッチをかわそうとしてベースを踏まずに駆け抜けると、何食わぬ顔で一塁ベース上へ。アウトの判定だったが、高橋監督がリクエストを要求すると、タッチしていなかったとしてセーフに(記録は柴田の悪送球)。2―2の同点に追いついた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月5日のニュース