ロッテ唐川、バースデー初勝利も「誕生日どころではないんで」 援護に感謝

[ 2018年7月5日 22:06 ]

パ・リーグ   ロッテ5―2オリックス ( 2018年7月5日    京セラD )

ファンの声援に応える唐川(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 自身のバースデー登板で6回を5安打2失点でまとめ、今季初勝利を挙げた唐川。「今年、4試合目にして初めて勝ったので素直にうれしい」と笑顔を見せた。

 ここまで3試合に登板して3連敗。不甲斐ない投球が続いていたが、「チームの足しか引っ張っていなかったんで、なんとか今までやってきたことをすべて出そうという思いでマウンドに立った」と、不退転の決意で試合に臨んでいた。

 ピッチングについては「全然よくなかった」と不満が残る内容。しかし「よく守ってくれたし、田村もうまくリードしてくれたし、打線も5点取ってくれたんで、その思いに応えて投げたいなと思っていた」と、味方の様々な援護に感謝を口にした。

 バースデー勝利には「誕生日どころではないんで」と、喜びに浸っている場合ではないといった様子。それでも「チームも巻き返せると思うし、それに少しでも貢献したいなと思う」と、優勝に向かってさらなる飛躍を誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月5日のニュース