カブス指揮官、ダルと面談「Wシリーズ進出へ、どれほど彼が重要か」

[ 2018年7月5日 10:34 ]

 カブスのマドン監督が右上腕三頭筋の腱炎で故障者リスト入りし、後に右肘の炎症なども判明したダルビッシュと面談した。「ようやく本人と話ができたが、今後については何も分からない」と話すにとどめたが、近日中にもキャッチボールを再開できる見込み。

 マドン監督は「ワールドシリーズに進出するために、どれほど彼が重要な存在なのかを伝えたかった」と今後を見据えていた。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月5日のニュース