銀次 平石監督代行も感謝の一撃 6日始球式へ意気込み「空振り奪ってきます」!?

[ 2018年7月5日 22:28 ]

パ・リーグ   楽天6―5ソフトバンク ( 2018年7月5日    楽天生命パーク )

<楽・ソ>お立ち台でバーンポーズをする(左から)ハーマン、銀次、島内(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 楽天の銀次がソフトバンク戦の終盤に貴重な追加点を挙げた。1点差とされた7回2死一、二塁の場面でモイネロの直球を中前に弾き返し、これがタイムリーとなった。

 平石監督代行も「銀次の1本が大きかった」と感謝した仕事人の一撃だった。

 6日には高校野球の岩手大会の開幕戦で現役プロ野球選手として初の始球式を務める。盛岡中央3年夏は決勝で敗れ、甲子園出場はかなわなかった。始球式への意気込みを聞かれた銀次は「いいボールを投げて、見事に空振りを奪ってきます」とジョークを飛ばした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月5日のニュース