平野 1球で!26試合連続無失点 上原の日本投手最長記録にあと1

[ 2018年7月5日 05:30 ]

ナ・リーグ   ダイヤモンドバックス4―2カージナルス ( 2018年7月3日    フェニックス )

<ダイヤモンドバックス・カージナルス>7回2死満塁から登板し、1/3回を無失点で26試合連続無失点とした平野(AP)
Photo By AP

 2点リードの7回2死満塁。大ピンチでダイヤモンドバックス・平野が救援した。強打の2番パームに初球、フォークで挑む。タイミングを外し、三ゴロで一瞬でチェンジだ。

 「初球からくると考えていた。気持ちを込めて打たせられて良かった」。26試合連続無失点。上原(現巨人)の持つ日本投手最長記録にあと1とし、チームの連敗を4で止めた。「重要な局面でよく抑えてくれた」とトーリ・ロブロ監督。先発グリンキーも「彼はよくやってくれているが、今日のは特に大変だった」と称えた。

 マリナーズ時代の長谷川滋利の25試合連続無失点を抜き「うれしい」と話す。「キャンプで打たれた時、長谷川さんが“絶対大丈夫”と言ってくれて気持ちが楽になった」。感謝を胸に、次の「0」を目指す。 (奥田秀樹通信員)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月5日のニュース