巨人4番岡本 33打席ぶり安打 今永から適時二塁打

[ 2018年7月5日 19:05 ]

セ・リーグ   巨人―DeNA ( 2018年7月5日    東京D )

<巨・D>3回1死一、三塁、岡本はタイムリー二塁打を放つ(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人の岡本和真内野手(22)が5日のDeNA戦で、33打席ぶりの安打となる左中間適時二塁打を放った。

 岡本は、2点を追う3回の第2打席、1死一、三塁で今永からライナーではじき返した。第1打席は7球粘って四球。6月26日の広島戦、第2打席で14号ソロを放って以来、8試合ぶりの快音となった。

 4年目の岡本は今季開幕から一塁に定着。巨人第89代の4番打者として、この試合が26戦目となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月5日のニュース