阪神・大山V三塁打 糸井離脱で1軍昇格 甲子園連敗6で止めた

[ 2018年7月5日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神6―5中日 ( 2018年7月4日    甲子園 )

<神・中>8回、大山は右越えに勝ち越しの適時三塁打を放つ(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 思いを乗せた打球は強風にも乗り、右翼・平田の頭を越えた。阪神・大山は三塁まで激走。塁上で両手を叩いた。「とにかく“落ちろ”と思って走りました」。4―4の8回2死一塁。俊介が二盗を決め、相手外野陣が前に出てきたのを頭に入れてスイングに力を込めた。決勝打で、今季最大の4点差逆転勝利のヒーローになった。

 開幕前はレギュラーの期待をされながら、もがき苦しみ打率はまだ.205。打点は5月27日の巨人戦から遠ざかった。6月22日には2軍落ち。3日、糸井の負傷離脱によって再昇格が巡ってきた。

 甲子園での連敗(1分け挟む)を6で止めた一打。「今日は今日で終わり。また明日、ゼロから始まる」と気合を入れた背番号3に金本監督は「どんどんプラス思考でやってほしい」と期待した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月5日のニュース