ヤンキース オースティンがマイナー降格 6月から出番が激減

[ 2018年6月15日 13:53 ]

ヤンキースのタイラー・オースティン内野手 (AP)
Photo By AP

 ヤンキースは14日、レイズとの試合後にタイラー・オースティン内野手(26)を傘下3Aのスクラントン・ウィルクスバリに降格させた。

 オースティンは同日のレイズ戦に「7番・指名打者」で先発出場して2打数1安打1四球。今季は34試合に出場して打率2割2分3厘、8本塁打、23打点をマークしているが、6月に入ってからは4試合の出場と出番が減っていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年6月15日のニュース