西“東西対決”完勝!オリックス 今季初の4連勝で交流戦2年連続で勝ち越し

[ 2018年6月15日 21:24 ]

交流戦   オリックス7-3DeNA ( 2018年6月15日    京セラD )

<オ・D>ファンの声援に応える西(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 オリックスが今季初の4連勝で今季最多の貯金4。交流戦は10勝5敗とし、2年連続で勝ち越しを決めた。

 先発の西は、DeNA・東との「東西対決」に完勝。8回を2失点、12奪三振で4勝目をマークした。

 打線も初回にロメロの適時三塁打、中島のソロなどで4点。6回に山足の適時打などで3点を加えて、突き放した。

 DeNAは先発の東が、立ち上がりに大量失点。自己ワーストの7失点の誤算で3敗目。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年6月15日のニュース