広島 今季2度目の同一カード3連戦3連敗 フランスア 勘違いボーク「知らなかった」

[ 2018年6月15日 05:30 ]

交流戦   広島2―8オリックス ( 2018年6月14日    京セラD )

4回無死一塁、ボークを宣告されてぼう然とするフランスア(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 広島は投打がかみ合わず、今季2度目の同一カード3連戦3連敗となった。

 先発・フランスアが誤算だった。4回無死一塁、小谷野を空振り三振に仕留めたかに見えたが、セットポジションを完全静止しておらず、ボークで走者は二進。1死二塁から吉田正に先制二塁打を許すなど、この回2点を失った。ミスが失点に直結し、5回1/3を投げ4失点で2敗目を喫した左腕は「(完全に)止まらなければボークになるとは知らなかった」と肩を落とした。

 2位・ヤクルトとのゲーム差は4・5。ただ交流戦前の段階では2位阪神と4差だっただけに、わずかながら眼下の敵との差は開いている。「しっかり切り替えて我々の野球をやるだけです」と緒方監督。交流戦残り4試合で本来の守り勝つ野球を取り戻したい。

(桜井 克也)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年6月15日のニュース