大瀬良 今季最短4回7失点KO 3被弾で最速10勝はお預け

[ 2018年6月15日 20:22 ]

交流戦   広島―ソフトバンク ( 2018年6月15日    ヤフオクD )

<交流戦、ソ・広>初回、先制点を取られ天を仰ぐ大瀬良(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 広島の大瀬良が3本塁打を浴びるなど、今季ワーストの7失点を喫し、4回限りで降板。連勝が7でストップし、4月22日以来の3敗目を喫した。

 今季9勝を挙げ、自身7連勝中。この日勝てば両リーグ最速10勝目だったが、初回に2死無走者から一、三塁とされ、デスパイネに先制の13号3ランを浴びた。2回には9番・高田に2号2ラン、4回にも上林に9号2ランを献上。4回で79球を投げ、6安打7失点で悔しい今季最短KOとなり「序盤であれだけ点を取られて申し訳ない」と肩を落とした。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年6月15日のニュース