巨人・菅野 完封で全11球団勝利達成「何とかしたいという思い」

[ 2018年6月15日 21:10 ]

交流戦   巨人5―0ロッテ ( 2018年6月15日    ZOZOマリン )

<ロ・巨>完封勝利で小林(右)と握手を交わす菅野(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 巨人の菅野智之投手(28)が6安打完封で7勝目(4敗)。ロッテからは6年目で初白星となり、全11球団勝利を達成した。

 「(打線が)頼もしくて、今日は感謝している。無駄な球が多かったが最後まで投げられたのはよかった」。4回までに5点の援護をもらい、言葉とは裏腹に126球を投げ、無四球、9奪三振と危なげなかった。昨季まで0勝3敗と11球団で唯一、勝ち星のなかった相手から待望の初勝利。早くも今季3度目の完封勝利で7勝目を手にした。

 前回8日の西武戦は今季最短5回5失点で敗戦投手に。「チームに迷惑をかけていた。何とかしたいという思いで投げた」。前夜のドラフト1位・鍬原のプロ初勝利に続き、チームは2連勝。交流戦の勝率を5割に戻した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年6月15日のニュース