球宴内野手ミゲル・サノ 打撃不振で異例の1A降格

[ 2018年6月15日 08:53 ]

ツインズのミゲル・サノ内野手 (AP)
Photo By AP

 ツインズは14日、ミゲル・サノ内野手(25)を傘下1Aのフォートマイヤーズへと降格させた。

 サノは昨季に28本塁打を放つ活躍でオールスター戦に初選出。しかし、今季は大腿裏の故障もあってか、37試合の出場で打率2割3厘、7本塁打、27打点と打撃不振が続いていた。

 再調整のためのマイナー降格では、3Aに送られるのが一般的だが、今回のように1Aに送られるケースは異例。チームとしては試合のレベルを落とし、できるだけプレッシャーのかからない状況でサノの自信を回復させたい狙いがあるようだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年6月15日のニュース